ウィキペディア、フリー百科事典から















■花の百名山森吉山からの清らかな源流と、高地の澄んだ空気が育んだあきたこまち
恵まれた自然環境を、高い農業技術が求められる棚田の保存を通じて培ったノウハウで最大限に活かすことを目指し、手間ひまかけて心を込めて作ったあきたこまちです。
※お届けするお米は天空の棚田で採れたお米ではありません。ご注意ください。

■すずき農産の取り組み
・美しいふるさとの風景「棚田」を守り育てる
 秋田県北秋田市阿仁(旧阿仁町)。森吉山系の天然水と山間部独特の昼夜の寒暖差が農産物の味をより濃く、美味しくしてくれます。なかでも、標高300m~350mにある戸鳥内大野地区の棚田は、里山の原風景を今に伝える素晴らしい景観として、私たち地域の自慢でもあります。
 棚田は一枚一枚の面積が小さく、標高50m程ある傾斜地は登り降りするだけでも大変な労力がかかります。山間地域の過疎・高齢化で棚田の維持ができなくなり、棚田がどんどん消えています。棚田を守ることは棚田で米を育て続けること。ふるさとの景色を消さないために、今私たちは頑張っています。

・先祖の大変な苦労があっての棚田
 昔は山間部や高地は農業用水の確保が大きな問題でしたが、食料不足の危機にあった昭和初期。この地域でも米作りをしようと、わざわざ森吉山の中腹から約7kmもの長さの水路を引いてこの棚田を造ったというから、昔の人がどれほど苦労したか計り知れません。森吉山のミネラル豊富な伏流水を使い、さらに山間部独特の寒暖差によって、この棚田で育つ米は味・香り・粘りに優れ、格別においしいと言われています。これは私たち先祖の努力の賜物なのです。

・3代目が目指す、すずき農産の米づくり
 すずき農産は、栽培が難しい棚田で培った農業技術を活かしたおいしいお米を作りをしています。先祖代々受け継がれてきた土地に、これまで培ってきた生産技術と社員達の農産物に対する情熱をプラスして作る自慢のお米。代表の鈴木は専業農家の3代目。親がやっていたから農家を継いだのではなく「夢が持てる、やりがいのある、嫁がやってくる」、そんな農業の実現を目指して取り組んでいます。

■定期便について

月1回×9ヶ月連続の定期便となります。2回目以降はその翌月、同じ時期を目途に発送致します。
例) 初回発送が10月上旬の場合
   2回目の発送は11月上旬に発送
   3回目の発送は12月上旬に発送


商品説明
名称精米または玄米
内容量15kg(5kg×3袋)×9ヶ月
産地名秋田県
品種あきたこまち
産年令和3年
使用割合単一原料米
精米年月日
(精米の場合)
発送直前
※発送まで数日要する場合もございます。
調製年月日
(玄米の場合)
表示面下部記載
保存方法直射日光、高温多湿を避け涼しい場所で保存して下さい。米びつ・容器等は、虫等の発生を防ぐためにもこまめに清掃して下さい。お米は臭いがつきやすいので臭いの強いものと一緒に保管しないでください。お受け取り後はお早めにお召し上がりください。
販売者農事組合法人 すずき農産
秋田県北秋田市阿仁戸鳥内字家ノ前102-1

・寄付申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。
・ふるさと納税よくある質問

花の百名山森吉山からの清らかな源流と、高地の澄んだ空気が育んだあきたこまち すずき農産 【ふるさと納税】《定期便9ヶ月》 【白米/玄米 選べる】 秋田県産あきたこまち15kg(5kg×3袋)×9回 計135kg 新米 令和3年産 時期選べる お届け周期調整可能 隔月 農家直送 一等米 9か月9ヵ月 9カ月 9ケ月 15キロ お米 【限定】

Feridun Hamdullahpur

Feridun Hamdullahpur生まれ1953/1954(66〜67歳)七面鳥教育機械工学の学士号と修士号 化学工学の博士号母校イスタンブール工科大学ノバスコシア工科大学職業アカデミックウォータールー大学の学長兼副学長前任者デビッドジョンストン後継ヴィヴェック・ゴエル配偶者キャシー・ハムドラプール(ニー・ジョンソン)子供達2人の息子(ブライアン、ケビン) 賞エリザベス2世女王ダイヤモンドジュビリーメダル署名 Feridun Hamdullahpur (1953年または1954年生まれ)は、ウォータールー大学の学長兼副学長です。 Hamdullahpurは、2011年3月にウォータールー大学の6番目の学長に任命されました。Hamdullahpurは、後継者であるVivekGoelが就任する2021年7月1日までその地位を維持します。 若いころ Hamdullahpurは、トルコでイラン人の父親とトルコ人の母親の間に生まれました。彼は5人兄弟の末っ子です。彼の実業家の父、ナスリは、ハムドラプールが肝臓病になる前に肝臓病で亡くなりました。彼の母親、メルジエはトルコで5人の息子を育てました。彼は1981年にトルコからノバスコシアに移り、そこで妻のキャシーに会いました。キャシーは21歳で、ダルハウジー大学の4年生の看護学生でした。彼らは1985年6月28日にハリファックスで結婚し、その後 (記事全文...)

Feridun Hamdullahpur